言葉の定義のずれと引き寄せの法則

こんにちは、ヒーラーのMaruです😊

 

今日は、「言葉の定義のずれ」がどのように自分の創り出す現実に影響を与えているかについてお話しようと思います。

 

 

言葉は人間がエネルギーを定義化したもの

 

みなさんは毎日『言葉』を使っていると思いますが、言葉って実は声に出して言ったり、文字として表現される言葉だけではないんです。

 

他に何があると思いますか❓

 

答えは、自分の外に発されることのない『頭に思い浮かぶ言葉』や『頭の中でつぶやいている言葉』です。

 

望むような現実を創る(または引き寄せる)ためには、言葉が重要な役割を果たします。

 

「思考は現実になる」とは聞いたことがある方も多いかと思いますが、これは実は「今頭で思っていることが現実になる」というのとはちょっと違います。

 

現実になっているのは『潜在意識レベルで信じていること』なのです。
引き寄せ引き寄せといって、意識的にポジティブに考えても、なかなか実際に現実化しないのは、頭(顕在意識)で引き寄せようとしているからです。実は意識の約9割は『潜在意識』が占めているため、ここを変える必要があるのです。

 

『潜在意識レベルで信じていること』(≒自分の現実)の中には、言語化されていないエネルギーもたくさんあります。
人間が創り出し、定義付けをした「言語」では言い表せない感覚や感情、状況ってありますよね?

 

例えば、眠っているときに見る「夢」なんかは、目が覚めてから顕在意識でも映像やイメージとして認識できる部分があるけれど、言語化される前に忘れてしまいやすいエネルギーの一つかと思います。

 

「言葉」は人間が特定の物事(すべてはエネルギーからできています)を認識する手助けをしてくれます。
世界には人間の顕在意識では認識しきれない無限の物事がエネルギーとして存在する中で、人間がそれらを分類し、「言葉」としてまとめているのです。

 

例えば、多くの動物の中から、チワワやゴールデンレトリバーは「犬」、ロシアンブルーは「猫」として分類されています(生物学的にはもっと大きな分類もありますが)。でももしかしたら、ある人種や生物から見たら、耳の形だけから判断し、チワワとロシアンブルーを同じ分類にするかもしれませんよね?このように、「定義や視点」を変えると、その物事に対する分類、つまり「言葉」は変わってくるのです。その言葉の意味は必ずしも辞書的定義と一致するものではなく、人によって異なり、それは潜在意識レベルにエネルギーとして存在します。

 

それでは、望むような現実を引き寄せる、ということを考えてみましょう。

 

もし今の現実が望んでいるものと異なる場合、なぜ自分が今の現実を引き寄せているのか、つまり、「なぜ潜在意識レベルで自分の現実はそうであることを信じているのか」を知る必要があります。

 

そのためには、自分の使っている「言葉」が何を意味するものであり、『自分が信じていること』はその言葉を使ってどのように表現されているかを知る必要があるのです。

 

なぜなら、自分が感じているエネルギーを自分の中で言語化することによってはじめて、その存在を顕在意識が認識することができるからです。潜在意識レベルには言語化されていないエネルギーもありますが、人間が自分の(顕在意識が)望むように現実を創り出すには、潜在意識が何を信じているかを言葉として認識し、それを望むようなものへと変化させるのが、最も簡単でシンプルな方法なのです。

 

 

言語化される感覚・感情と言葉の定義付け

 

言葉は感覚や感情とも深く関わっています。

 

例えば、誤って熱いフライパンに手を触れてしまった時、熱い!と【感じる】と同時に熱い!と【頭の中で言って】いますよね?

 

このように、人は五感で感じたことを無意識に言語化しています。声に出るか出ないかにかかわらず、です。

 

「熱い」、「冷たい」、「痛い」等の感覚は多くの人が共通で持っている感覚でしょう。

 

では、「気持ち良い」、「嬉しい」、「悲しい」、「辛い」といった感情(≒感覚)についてはどうでしょう❓

 

これらはすべての人が同じ物事に対して同じように感じるものではないですよね?
この感じ方の違いはどこからくるのでしょう?

 

この違いの多くは「個性」なのかもしれませんが、中には『言葉の定義のずれ』からくる違いもあるのです。

 

例えば、「努力すること」について考えてみましょう💡

 

子供の頃、周りの大人たちに「努力をしよう」、「努力は素晴らしい」と言われませんでしたか?

 

すると、『努力=良いもの』と認識するようになるかもしれません。
そして、この「良いor 悪い」というのは人間が勝手にジャッジしていることに過ぎません。

 

言葉は人間が創り出したものです。

 

そのため、人は言葉の定義を間違えて(※ここでは辞書的な定義と違うことを意味します)覚えることもあるのです。

 

人生で初めて努力した経験が、何度も転んでケガをし、とっても辛い思いをした自転車に乗る練習だったとしたらどうでしょう?

 

その子は、この経験から「努力すること=辛いこと(を含むこと)」という定義を創り出すかもしれません。

 

このような定義を持つと、

「努力すること=良いこと+辛いこと」なので、

『努力することは良いことだけれど必ず辛い思いを伴う』と信じていると、潜在意識はその定義で「努力をする経験」を創り出す、つまり、現実に努力する場面で必ず辛い状況を引き寄せてしまいます😣

 

この経験から、定義がずれるのではなく、「努力することは辛いことだ」という思考パターンを作り出すかもしれませんね。
思考パターンの置き換えについては、以前の記事「3連休なのにブルーマンデー⁉」をご覧ください。

 

ヒーリングを使うと、正しい定義での思考回路が自動的に作られる⁈

 

 

ヒーリングを使うと、こうした「言葉の定義をずれ」を瞬時に修正することができます。
意識的に変えようとしてもなかなか難しい身体に染み付いた定義でも、ヒーリングを使うと自動的に正しい定義による思考回路に変わるのです❗️

 

『努力すること』の定義に「辛い」が含まれていた人は、定義を修正すると、『辛い経験なしに努力すること』も選択できるようになり、現実でも喜びに満ちた経験を通して努力するという状況を引き寄せることができるようになるのです🕊

 

自分が望むような現実を創り出すには、まずは、自分自身が潜在意識レベルで何を信じ、何を信じていないから、今の現実が作られているのかを知る必要がありますね。そのためには、脳波をシータ波状態にし、潜在意識にアクセスすることで、自分の潜在意識が何を信じているかを知り、そこに言葉よりももっと細かいエネルギーレベルでの必要な修正を加えることができる『ヒーリング』は大きな手助けとなるでしょう。

 

ヒーリングセッションの詳細はこちらをご覧ください✨

 

 

 

当サロンではヒーリングセミナーも行っています。
年末年始には、地元の札幌でもセミナーを開催予定ですので、新年に向けてぜひこの素晴らしいヒーリングテクニックを学んで、今までとはまったく違う希望に満ちた新年を迎えまてみませんか? セミナー詳細はこちら


⭐️セミナー日程⭐️

《週末開催》麻布十番
12月13日(金)、14日(土)、15日(日)
10:00〜17:00  セミナー詳細

《年末開催》札幌市南区南沢
12月28日(土)、29日(日)、30日(月)
10:00〜17:00  セミナー詳細

シータヒーリング®『応用DNAセミナー』
《年始開催》札幌市南区南沢
2020年1月3日(金)、4日(土)、5日(日)
10:00~17:00  セミナー詳細

シータヒーリング®『ディグディーパーセミナー』
《平日開催》恵比寿
12月19日(木)、20日(金)
10:00~17:00  セミナー詳細

 

🍀LINE公式アカウント友だち追加🍀

『MARUのヒーリングサロン』LINE公式アカウントでは、お得で役立つ情報や「読むだけで癒しが起こるエネルギーメッセージ」を配信しているので、ぜひ友だち追加してくださいね!みなさんから「エネルギー受け取りました」と大好評です💗

個別チャットでのご質問等も受け付けております😊

ブログを読んでくださった皆様に愛と光と感謝を込めて💗✨

Maru

 
★★ブログランキング参加中★★
記事から「気付きがあったよ!」という方、クリックお願いします⇩


癒し・ヒーリングランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

関連記事

  1. あらゆる経験が最高最善に繋がっていた話

  2. 本当の望みを知って願望実現を加速させる

  3. 豊かさの幻想

MARUのヒーリングサロン公式LINE

MARUのヒーリングサロンInstagram

ブログカテゴリー

ブログランキング参加中

記事から「気付きがあったよ!」という方、
クリックお願いします⇩

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村